ダンディのおもてなし

コラムニスト、美食評論家としてメディアで幅広く活躍する中村孝則さん。並々ならぬオーラを発する、ダンディなお方です。先日、オフィスにお邪魔する機会があったのですが、粋なおもてなしに感激したので少しだけご紹介を。

美酒美食、ファッション、シガーなどダンディ道だけでなく茶道、剣道など和の道も極めておられる中村さん、着物でお出迎えしてくださいました。  
粋な着姿に、心の中でほうっとため息(横にダーリンがいましたのでね)。男性の着物というのは、また格別なものがあります!

 

着物にエプロン姿で、生ハムのカタマリを華麗にサーブ。ナイフというか、日本刀に見えてくるのが不思議です。 
素敵な器に美しく盛られた肴の数々に、「ここはレストラン?」とため息。

 

それに合わせて、シャンパン、ワイン、ビール、にごり酒から中国の国賓酒(老酒)と各国の珍しいお酒。イタリアで自ら求めた古いサンジョベーゼはデキャンタージュして。

左は、私たちが持参したワイン。昨年Etxebarriのシェフ、テツローさんに案内してもらったワイナリーで購入したチャコリ。こちらのワイナリーの泡(瓶内二次発酵チャコリ)をEtxebarriでいただいて、感激したバスク地方のワイナリーです。 今年スペインでご一緒できそうなので、決起会ではないですが、お持ちしました。

茶道教授でもあられ、茶道のお稽古や茶事もなさるダンディ。 
ご自身の茶室「寿福庵」で二次会というなんとも粋なはからい。お点前する姿に、またしてもほうっ……薄茶を何杯もいただきながらほろ酔いのなかで「陰翳礼讃」という言葉が頭に浮かびました。夜のお茶室もいいものです。

(今年のガレット・デ・ロワはお茶室で……大好きな自由が丘のパリセヴェイユのもの)

粋なおもてなしに心打たれた夜でした。

 

そんな日の着物は、デニム着物に自作インド綿の帯。インドのショール。  
図らずも中村さんのオフィスのエスニックな雰囲気(すてきな布がたくさんある)と調和して、嬉しかったのでした。

著作の一つ、シガーについてのオシャレな一冊は、”見せ本”として我が家の本棚に飾ってあります。