ついに購入

WSET Diploma受験生のバイブルといえば……

ジャンシス・ロビンソン女史の「The Oxford Companion to Wine」
厚さは五センチ弱はあるワインの辞書みたいなもの。

1年ほどメインの参考書として愛用しておりましたが、
ついに、ついに……!


購入してしまいました。「The World Atlas of Wine(世界のワイン図鑑)」。
言わずと知れた名著。現在、7 Editionまで版を重ねています。

日本語で読めるのが、本当にありがたいです。情報処理能力が一気にアップ!



(うちの猫もさっそく気に入ったようです)

こちら、ずっとAmazonの「ほしいものリスト」に入ったままだったのです。
なんで迷っていたかといえば……。めちゃくちゃ高いの(涙)


(Amazonでは、残り1点になってます)

リサーチに必要だったので、ついに購入に踏み切りました。

そうです、来月のCS(ケーススタディ)のテーマが発表されました。
お題は、「The south African Wine Industry」。南アフリカワイン!

今リサーチに取り組んでいますが、
調べれば調べるほど、おもしろいテーマ。
社会的な問題と深く結びついてます。
時事にも強くなって一石二鳥なディプロマ試験。大変ですが楽しいです。