陰影礼讃の世界、銀座「CHIUnE」

たくさん食べるとわかっているときは、着物はきないのだけれど(帯が苦しいから)、この日はたまたま気分がのった。


(顔がこわいよ、というつっこみなはしで)

そしたら、壁に茶花が飾ってあるものだから、すっかり嬉しくなってしまった。



「岐阜で「Satoshi.F」という店をやってたサトシくんが、銀座に店を出した」んだって。 
切り立ての白木のにおいが漂ってくるような、すがすがしい空気。 
カウンターのみ6席という、まるで自分たちのために用意されたと錯覚するような、手あかのついていない空間は、目が覚めるようだった。


自家製かんずり(トウガラシを発酵させたもの)を混ぜ込んだという黒豚前脚のチョリソー


コースで頂くお料理はどれも洗練された珠玉の一皿ばかりだけれど、特に印象に残ったのは、九条味噌づけの猪バラ肉……これは2週間浸けているそう。

合わせたのは、なんとスペインのモナストレル。ラベルに描かれているのは、桜だという。
驚いたのは、これまでのワインがずっとクラシックなブルゴーニュやボルドー中心だったから。
華やかな赤果実がはじける明るいワイン……猪の脂と、恐ろしいくらいに、合う。


鮑のリゾットが美味なのはもちろん、この影に、見蕩れてしまう。陰影礼讃の世界だ。

尾長鴨とブルゴーニュの王道マリアージュもよかった。

お水のグラスにいたるまで美しく、ひさびさに総合的な美の空間を堪能した夜だった。


(2017.1.26訪問)