たまのエフォート

今日〆切りの原稿をあげて一息つき久々にブログなど書いている。
(仕事が早い編集さんからもう校正が帰ってきてるのに、
それは脇に置いてブログを書いてるなんて怒られそうだが……)

5200文字×3本、1500文字×2本で400字詰め原稿用紙46.5枚。
ウンウン結構頑張ったね自分。
パソコンで原稿を書いていると目に見えないのであまり実感がわかないが、こういう計算をすると、小中学生の時よく使った作文用紙が思い浮かんできて達成感がある。

この2日間は寝食忘れて机に向かった(寝たけど)。
というかそれまで放置するなよ、という感じなのだけど、
最近とにかく頑張ることが苦手な私は、お尻に火が着くまで腰をあげないようになっている。
いつだか「わたしが頑張る理由」なんてたいそうなこと書いていたのに、二年でこのざま。
だけどそのナマケモノが自分なのだし、責めても辛くなるだけなので、もう諦めた。
無理するのはやめた。ますますメランコリックになるだけだし。

それにしても机に向かってウンウン唸っても、いいものが出てこないと、
自分には才能がないんだといつも思う。
文才もさしてないのに何をしがみついているんだろうという思いが常にある。
才能がなければコツコツ努力するべきなのに、たまにしか頑張れない。ひどい。

だけど、そんな私を見捨てずにいてくれる人もいる。
大したことしてなくても褒めてくれる人もいる。

それに励まされて、久しぶりに頑張った自分を自分でも褒めてあげる。
そしてメランコリーから立ち直り、少しだけ前進する。



100%可愛さで生きてる猫。努力って何、って思わされる。