コンビニのない街

サンセバスチャンへは夜20時過ぎに到着して、あれやこれやしてたら22時過ぎ。
まだ外は、うっすら明るい。
機内食じゃ物足りなくて何か食べたいけれどバルに行く元気はなくて、
夜の街を放浪してみつけた、珍しく夜遅くまで営業しているお店で、
ワインとハム、チーズを買ってかんたんな夜食をとる。



(旅の出発点はビルバオ、というワイン……少し酸が尖ってるけどおいしく感じた)

翌朝はゆっくりと起きて10時過ぎにフルーツを買いにいく。 
平日なのに、まだ街は寝ぼけている感じ。


日本では24時間必ずどこかで食べ物が手に入るから、便利さに 慣れすぎる。