バスク名物シードラ樽出し体験記

じわじわブームがきつつあるリンゴの発泡酒、シードル(スペイン語ではシードラ)。最近飲む機会が増えています。

この夏スペインにいったときに、本場バスク地方のシドレリア(シードラ醸造所)を訪問してきました。シドレリアでの醍醐味といえば、樽から蛇口をひねってグラスに直接シードラを注ぐ「Txotxチョッチ」!


訪れたのは、サンセバスティアンの中心地からタクシーで15分ほどの「Sidreria Petritegi」。


(すでにテンションが高め)

シードラのオンシーズンは1〜5月。ここPetritegiはオフシーズンでもチョッチを体験できる貴重なシドレリア。街の中心地からも近いのも嬉しい。

HPをみると各種ツアーがありますが、チョッチが含まれたコースは二つのみ。 
ひとつは大人数でないと予約できない内容だったので、ツアー+ディナー付のPremium Visit tour(38€/人)を事前予約。

まずは外のリンゴ農園を見学。シードラ原料のリンゴは、枝を揺さぶり落ちたリンゴを拾って収穫するそう。そのリンゴを拾う作業をちょこっとだけ体験させてもらいました。数個なら楽しいけど、これを猛烈なスピードで大量に拾うとなると大変だろうなぁ……。

(大好きなアーティチョーク発見!)



その後、醸造所設備、大樽が並ぶ貯蔵室を案内してもらったあと、ビデオをみながらゆるゆるとシードラ(ボトル入りのもの)を試飲。


シードラを高いところから注ぐパフォーマンスも見どころ。


試飲したシードラは、辛口で酸味が強く、出汁とビネガーに林檎のニュアンスを加えたようなナチュラルなお味。ほどよく甘いアップルサイダーをイメージして飲むと、ギャップに衝撃を受けること必至!試飲のお供に超ボリューミーなチョリソーとバゲットが出てきます。

18時半に開始したツアーは一時間強で終わり、20時からディナー。お待ちかねのチョッチはディナータイムに自由に愉しむスタイル。

大樽についた蛇口をひねって勢い良く飛び出すシードラをグラスでキャッチ!

これはかなり楽しい!


食事もゆっくり楽しみたかったのですが、夜に別の予約があったため、泣く泣く辞退することを伝えると、案内してくれた女性は、目も飛び出さんばかりに驚き、「だって、夕食も料金に含まれているのよ?(食べないなんて、信じられない!)」と心配した後、半ば強引に「パックに詰めてあげるから、持っていきなさい!!!」とお弁当をつくってくれました。



ホテルに帰ってつまんだら、これが美味しい。卵料理にお魚のソテー、上には甘くなるまで炒めた玉葱と、ピーマンがたっぷり。チョリソーやバゲットにチーズまであって、そのままワインを持ってピクニックに行けそうな豪華弁当。 
「うちの自慢の料理をお腹いっぱい味わってほしい」バスク人のおもてなしの心が伝わってきました。じーん。



サンセバスチャンを訪れたらセットで樽出しシードラ体験、おすすめです。その際は、思いっきりお腹を空かせて行くべし。

Sidreria Petritegi