盛夏の着物は暑かった

私にとってはじめての薄物のシーズン(7・8月)が終わりました。 
夏に着物なんてムリムリ、と思っていたのですが、実際体験してみて……

暑かったです。。
「着物をきると、ぴたりと汗が止まる」などという嘘のような話に一筋の希望を抱いていたのですが、残念ながら私には当てはまらず。
(なにより着るまでが地獄)

ですが着物をきていると「涼しげですね」と誉められることも多く、それが唯一の救いとなりがんばって着物をきておりました。

ようやく9月に入り、暦のうえでは単衣のシーズンに突入。

残暑厳しい9月頭に単衣は暑い!と思うのは皆一緒で、今は公式の場でなければ夏着物を9月中旬くらいまで着る方も多いよう(人による)。気温差の激しい時期なので皆さん柔軟に夏と秋をいったりきたりしてます。 

数少ない絽の着物、あざやかなブルーがお気に入りの1枚ですが、夏のおわりには爽やかすぎる……



(こめかみから汗がたらたらの、7月上旬。帯は白の波模様)



(8月末、ぶどう柄の半襟で秋感を足してみる。帯は生成色の絽つづれ)

「一枚の着物に帯三本」とよくいいますが、同じ着物でも、小物や帯をちょっと変えると雰囲気がまた変わるのが楽しい。

季節の変わり目のコーデに悩むのは洋装でも和装でも共通ですが……この端境期を楽しめるようになったらいいな。