料理で国をかえたリマの料理人の話、そして自由について

「料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命」

料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命 (字幕版)

1回目は、ペルー行きの機内で。東京に戻ってから、もう一度観た。
自分の体験と照らし合わせて観てみると、2度目も発見があった。

料理を通じて国を変えた、ひとりの革命児のはなしである。

ガストン・アクリオ。ペルーでその名を知らないひとはいないだろう。

映画のなかでは世界のトップシェフが、ガストンに賛辞を贈る。

「ガストンの名を誰もが叫んでた。彼の存在感にすっかり圧倒されたよ」「ペルーを旅するとわかるだろう、あの国はもはや料理大国だ」ーレネ・レゼピ(ノーマ)

「ペルー料理や農耕文化は高い評価を受けるようになった、料理を通じて社会に働きかけている」ーマッシモ・ボットゥーラ(オステリア・フランチェスカーナ)

「料理を武器に国の存在感を高めラテンの人々を喜ばせた」ーアレックス・アタラ(D.O.M.)

映画の内容をもとに、ガストンの経歴を簡単に紹介してみる。
7歳で料理をはじめ、8歳ですでにフランス語のレシピを読んでいた。遊び場はキッチンだった。16歳で料理が好きだと確信。
いっぽう父が有名な政治家で「次期大統領も夢じゃない」と期待されていた彼は、大学で法律を勉強し政治の道に進むよういわれる。大学へ合格するも、やる気がなく授業もさぼり成績も悪いので追い出される。その後父の紹介でスペインの法律事務所でインターン、一度はスーツとネクタイに身をつつむものの、初日の昼休みに事務所を出たきり戻らず、家族に内緒で料理学校へ。「あの転機があったから、いまの自分がいる」と彼は言うが、いわゆる親の期待するレールから外れたということ、親の失意も相当だったろうし、衝突もあっただろう。でも、料理の道で迷ったとき、背中を押してくれたのは父だった。

修業先のフランスから帰国し、妻アストリッドとともに「Astrid & Gaston」をオープンした当初は、美しいレストランにこだわり、高級食材を使ったフランス料理を出していたガストン。心のなかではむなしさがあったという。

目が覚めたのは、父の言葉。
「お前はシェフになる夢をかなえ、レストランで料理を作ってる。でも、お前が食事を出すのは、お金持ちだけだ。そんなことがしたくて、料理人になったのか?初心に帰れ」「自国で何ができるのか考えるんだ」

そこから、店の料理は、ペルーの文化に光をあてたものへと変化していく。
ワンカイナソース、アヒ、キヌア、トウモロコシ。ピスコ。
映画のなかでは、ペルーの食材や文化に焦点をあてながら、ガストンが料理の力でいかにペルーの人々に誇りを思い出させたか、国民に愛されているかが描かれる。
ガストンがあまりに称賛されるので、「まぁ、本人のドキュメンタリーだからな」とはじめは少し冷ややかな目で観ている自分がいた。
でも、実際にペルーにいって、「ガストン」というキーワードを出しただけで、ペルー人ガイドさんの顔に浮かんだあの笑顔……。お店に向かうときもそうだった。「ガストンまでお願いします」の言葉に「そうかガストンか!」とタクシーの運転手さんから溢れ出たエネルギーには、愛があって、「あ、ガストンは、真のヒーローなんだ」と実感した。

響いた言葉。
「ペルーの現実から目を背けてはいけないと。満足するなということも(父から)最初に教わりました。運がよかったと思ってる。自分の人生も幻想にすぎない。国内には私が持っているものを持てない人がたくさんいる。違う人生を送りたくても、そうするチャンスさえ持ってない人もいる

peru-country-road

(ペルーの田舎道、車窓から)

平手打ちされた気分だった。忘れてた。わたしが当たり前だと思っていることは、当たり前じゃない。自分の日常に、幸運に、もっと感謝をしないといけない。

“Somos libre(我々は自由だ)”

そうだよね、思わず呟く。手あかのついた「自由」という言葉に、あらためてはっとした。

羽をもっているなら、その羽をつかおう。
自分の人生も幻想なら、いつ終るかわからないのなら、好きなことをしよう。

これは私自身が世間体や親とのしがらみ、がんじがらめになっていた鎖を断ち切ったとき、思ったことでもある(同時にすごくエゴイスティックな行為だとおもうから、”いい人”こそ断ち切れない鎖なのかもしれない)。

* 

最後に、ガストンはカメラを見据えて言う。
「私はガストン・アクリオ。リマの料理人だ。」
自分がなにものか、胸をはって言う姿は、ひとりの人間として、格好がよかった。

◆「Astrid & Gaston」訪問記はこちら