顔面蒼白……飛べない私

ほんとうならば、今はバンコクへ向かう機内で、映画でも見ているはず。
なのに、東京の自宅でこのブログを書いている。
……ということは、飛行機をmissしてしまったということだ。

わたしってば、これまでの人生でも最大級のぽかをしてしまった。

週末タイに旅行にいく予定で、直前にばたばたと準備をし、出発1時間半前に成田空港へ到着。
さて、いざチェックインしようとしたら、チェックイン用の機械が何度やってもエラーに。 
「調子がおかしいんですけど……」スタッフの方に確認してもらうと、なんと……
旧姓の、期限切れのパスポートを持ってきていたのだった(!!!!!)

さーっ…(血の気がひく音)。一緒にいく予定だった主人も、顔面蒼白。

旅行中止?彼だけひとりで飛ぶ?ふたりとも便を変更?いや、今からとりにいけるか? 
でも絶対間に合わない……いつもは羽田発なのに、なんできょうに限って成田発なの。30秒ほどの間にぐるぐる。

途方にくれて呆然とつったっていると、スタッフの方が航空券の変更ができるか確認しに行ってくれ、結局、私だけ明日に便を変更することに。 

明日はバンコクは雨というのであまり予定を入れてなかったこと、無償でチケットを変更してもらえたことが不幸中の幸いではあったけれど、ほんとうに最低。 
ああ、彼の背中を見送るときの、情けなさと寂しさといったら。 

ひとりで旅行してるときは、こんなこと絶対になかった。
持ち物リストをPCから印刷してきて、ひとつずつチェックを入れ、パスポートは忘れるどころか、コピーを2、3枚ほどかばんに忍ばせていた。

直前まで仕事をしていてバタバタしてたというのもあるけれど、それが原因じゃない。やっぱり、誰かに頼って、気がゆるんだせいだ。

「パスポート忘れる人なんて、いるのかな?」なんて、前はばかにしてたのに。いるんです、ここに。

20161008192618

あーもう、つくづく自分がいやになる。