着物で出張、リカマンワインフェスタ in NAGOYA

先週は試飲会のお仕事で名古屋へ。
リカマンワインフェスタ」、関西に多数の店舗を持つ酒屋リカマン(リカーマウンテン)のワインイベントでした。

当日は4部制で、約2300名ものお客様が来場。「セール会場みたいやで!」と話には聞いていたのですが、すごい熱気。


9月末だったので時期的に着物にしましが、浴衣でちょうどよかったくらい(正確には浴衣の下に長襦袢をきて単衣風に着てます)

(お世話になっているリカマンの戸塚さんと)


今回は基本的にはワイン愛好家向けの試飲会。業務用試飲会(飲食店や酒販店などワインのプロが仕事のために参加する試飲会)ではあまり人気がないモスカート・ダスティ(甘口・低アルコールの微発泡ワイン)が大好評で「なにこれおいしい!グラスに並々ついでください!」というお客様が何人もいたりと、新鮮な反応が勉強になりました。

(すぐ近くでお仕事させて頂いたセオシンインターナショナルの瀬尾さんとドイツのワイナリーの方と)


さいきん外出はほぼ着物の生活なので、試飲会や取材、打ち合わせも着物で行っています(よほどの力仕事や畑にいくとき以外)。
今回は赤い着物が目立ったのか、「着物の方がいたので来てみました〜」「なんで着物なんですか?」とたくさん反応があって嬉しかったです。たしかに日本ワインならまだしも、イタリアワインブースのお手伝いだったので、なぜ、という感じだったのかもしれません。

洗える着物を増やさねば!