元気が出るきもの

家にこもっている間に、嬉しいお届けもの。大きなダンボールのなかには、茶道の先生が若かりし頃にきていた着物や帯などがぎっしり。着たきり雀のような私に、衣装持ちの先生が和服を譲ってくれたのでした。

久しぶりの外出は、そのなかのひとつ、小花柄で埋め尽くされた、いかにも小紋らしいお着物を。オレンジの帯も先生に頂いたもの。小物もビタミンカラーを合わせて、元気が出るコーディネートにしてみました。



嬉々としてさっそく茶道のお稽古にきていった私に、「この着物をきて、昔お稽古に通っていたのよ〜」と懐かしそうに話してくれる先生。
こうして世代をこえて受け継げる着物って、ほんとにいいなと思います。


八芳園の正面の桜は、はやくも満開でした。 
冬と春が押し合いへし合いする季節。春よこい。