飲むラグジュアリー「ジョニーウォーカー ブルーラベル by トム・ディクソン」

ウイスキーの世界は、どこか足を踏み入れてはいけない少し危険な大人の香りがする。

私のなかのウィスキー像は、薄暗い老舗のバーで、ダンディな紳士が言葉少なにグラスを傾け氷をからん、といわせているといった古典のイメージで止まっていたりするのだが、そんな大人の世界をちらりと覗き見する機会を頂いた。


「ジョニーウォーカー ブルーラベル by トム・ディクソン」

「ジョニーウォーカー」といえば、ブラックラベルが通称「ジョ二黒」と親しまれ一世を風靡したことは私でも知っている。黒ラベル以外にも色々なシリーズがあり、その最高峰がブルーラベル。ゴールドでもプラチナでもなく「神秘性、希少性、高貴」という意味をもつブルーを最上級にすえているところが洒落ている。

(ブルーをテーマに)

その名門ウィスキーと有名デザイナーのトム・ディクソンとのコラボレーションによって生まれたのが、究極のラグジュアリー・ウィスキー「ジョニーウォーカー ブルーラベル by トム・ディクソン」なのだ。


(Photo: MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社)

トム・ディクソン。世界的に有名なデザイナーといっても、疎い私はもちろん知るはずもなく、渋谷にあるTOM DIXONのショップでのレセプションでは終止そわそわ(オシャレすぎる空間では落ち着かない性分)。



(見知ったメンバーと合流でき、たのしいひとときに)

途中、ウィスキーの味わい方をナビゲートして頂くレクチャーがあったりと、ウィスキーに馴染みがなくても楽しめる演出がなされていたのは、さすがMHD。


こうしてあらためて味わってみると、スモーキーなオークの香り、ドライフルーツや蜂蜜、数々のスパイス……ブレンドの妙が織りなす世界観は、同じくたくさんのベースワインをブレンドするシャンパーニュと似ているなどと思ったり……

ひとついえることは、とてつもなく上質で、心地よい余韻がいつまでも続くということ。
(究極の飲むアロマやぁ〜と心の中で呟きつつ会場を後にしました)

11月下旬よりそごう・西武各店にて数量限定販売開始。ウィスキー好きの方へのおしゃれすぎるクリスマスプレゼントにもどうぞ。