シンガポールJCCにて日本ワインセミナー

在シンガポール日本大使館の依頼で、シンガポールにあるJCC(Japan Creative Centre)で日本ワインのセミナーの講師をつとめさせていただきました。

海外での英語でのプレゼンテーションは初めての経験。かなり緊張しましたが、資料や原稿作成にあたりいろいろな方にご協力いただき、おかげさまでなんとか無事に終えることができました!

セミナーのあとは試飲タイム。軽食をいただきながら交流の時間となりました。

今回の試飲ワインは5種類。

・シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2016
・マンズワイン ソラリス信州シャルドネ 2017
・丸藤葡萄酒工業 マスカットベーリーA 樽貯蔵 2016
・マンズワイン ソラリス信州カベルネ・ソーヴィニヨン 2014
・マンズワイン ソラリス マニフィカ 2012

(キリン、キッコーマン様からワインをご協賛いただきました。ありがとうございます)

試飲ワインも好評で、

「白より赤の方がクオリティ高いと思う」「マスカット・ベーリーAはやっぱり甘いわね」など海外らしい忌憚のない意見もいただき、私にとっても勉強になりました。何より日本ワインについて興味をもってもらえたようで一安心。後日大使館の方からも、「今後もこういうイベントをやってほしいとの声が多く聞かれ大成功だったと思います」とご連絡がありました!よかったー!

今日本ワインは国内ではブームですが、やはりまだまだ海外での知名度は低く、日本でワインを作っていると知らない方の方が多いと思います。

シンガポールは各国から人とお金が集まるアジアのハブ。日本ワインを世界に広める第一歩としてうってつけの場所だと改めて思いました。


雨季のシンガポール。いつ雨に降られてもいいように綿麻の着物で。 
お着物にも興味を持ってくださって、嬉しかったです。今後も、日本文化のひとつとしての日本ワインの魅力を伝えられることができればと思います。精進せねば!