考・仕事を依頼されるには

似たようなサービスを提供している会社(個人)のなかから比較検討して仕事を依頼する機会は意外と多い。
先日、緊急でペットシッターを探すことになり、数社に電話やメールで問い合わせをした。無事にいいシッターさんが見つかり安心したのだが、少しして、ふと思ったことがあった。

私はどのようなプロセスで、数ある候補から依頼先を決めたのだろうか、と。

まず、比較検討段階。 
たいていはインターネットで検索するから、ホームページは重要だ。 
検索して上のほうに出てくるというのは当然大事だが、それ以外に気がついたこと、以下。

・アドレスが独自ドメインじゃない→無料サービスを使っている事がバレバレ

・”/%E6%96%99%E9%87%91/ ”など末尾リンクが美しくない

・メールアドレスも、フリーメールよりはきちんとした独自ドメインの方が信頼できる 
ただし、今回お願いした方はフリーメールだったし、その後の対応次第でカバー可能だと思う。

・デザインのお洒落さより内容のわかりやすさが重要
アーティスト系やWeb作成を売りにしているならデザインは重要だが、信頼を売りにするサービスは少々ださくても気にしない(私の場合は)
ただし、いかにも手づくり感満載の稚拙なホームページは、「ああ、節約したんだな〜」という感じで信用度が下がる。

次は、内容について。

・正式な登録商標があるか・資格保有の有無・実績
見ず知らずの第三者に仕事を頼む時に指標となるものなので、きちんと示したほうが当然良い。

・対応スタッフの印象
たとえば今回のペットシッターなどパーソナルスペースにきてもらう場合、どんな方が対応してくれるのかは最重要事項。写真は顔出しせずとも、雰囲気が伝わるもの。こぎれいな女性が一番有利だが、なにより清潔感がポイント。

・受付時間
急いでいる場合、電話受付時間が早いものに取りあえずかけてみようと思う。

・価格
べらぼうに高いわけじゃなきゃ、そこまで気にしない。逆にあまりに安すぎると、かえって不安になる。

そして、えい、ここに連絡をとってみようと決め、接触後

・メール返信の早さ
数社にメールを送るときに、対応が早いとそれだけで勝率アップ。

・電話対応の印象 
今回受付時間が早いところにとりあえず電話をかけたところ、モソモソ話す暗い感じの男性が対応。 「このひと、大丈夫だろうか……」 →とりあえずだれでもいいからお願いしたいと思っていたのに、「ちょっと考えさせて頂きます」。ツーツー。

・アフターケア
比較検討のうえ今回は依頼しなくても、そのときの対応がいいと「次はお願いしようかな」という気持ちになる。
→結局、今回お願いしたシッターさんに満足して、以後もその人に依頼することにしたので、「次」は今のところないのだが……。

**

これはネットで探す場合のときに限るし、個人的な主観ではあるけれど、学ぶべきことがたくさんあった。信用だね。

(ふーん)