1時間半の行列覚悟、年二回のイベント

行列ぎらいの私が1時間以上も行列に並ぶ年二回の機会といえば、「東京グランメゾン♡チャリティーカレー」。2011年より続くイベントで、はや13回目だそう。

今回は着物で参加、カレーをイメージして更紗の小紋とオリエンタルな帯、帯まわりもターメリックなイメージ(見えないけれど、八掛も実は黄色)。


11時開店ですが、9時半から「アピシウス」に並びました(一番のひとは9時前から並んでいるそう)。
そのおかげで1回転目で入れ、10分ほどでさくっと食べたあとは、「シェ・イノ」へ向かいます。
はじめて参加したときはカレーのはしごなんてできないっ!と思っていたものの、いまやご飯を小盛りにすれば2杯くらいはぺろり。

左:馬スジと桜エビのコンディマン、豚のクリスピーカレー(アピシウス) 
右:インド風のスパイス香る、伊達鶏チキントマトカレー(シェ・イノ)


このイベントのために特別に焼かれる有田焼プレートは、佐賀の「カマチ陶舗」製。
今年(一番右)は水浅葱色というのかな、涼しげですごく好きな色。


ワインで被災地を応援する「ワインエイド」のほうもそろそろ動き出しています(いちおう、実行委員)。
今年の開催は7/28、29@神楽坂のアグネスホテル(詳細はこちら)。ワインがお好きな方なら楽しめるイベントになっているので、ぜひ参加を検討してくださるとうれしいです。