「 本 」一覧

原点に戻る

原点に戻る

今週は勝沼のワイナリーを取材。出張が続いて少しお疲れ気味ですが、好きなことなので頑張れます。 今回も、うまく話を引き出せなかった、インタビ...

木綿のきものは性に合う

木綿のきものは性に合う

さいきん、木綿の着物に惹かれている。先日は「染織こだま(以下、こだまさん)」の木綿展へはじめて足を運んだ。 宮崎発のこだまさんは、木綿や綿...

ダンディのおもてなし

ダンディのおもてなし

コラムニスト、美食評論家としてメディアで幅広く活躍する中村孝則さん。並々ならぬオーラを発する、ダンディなお方です。先日、オフィスにお邪魔する...

「ラビリンス」と放浪

「ラビリンス」と放浪

「若い頃は地を這うような旅をしていた」知人が絶賛していたPVを見た。MONDO GROSSOの「ラビリンス」。たまらなく旅人心をくすぐられる...

『90歳。何がめでたい』

『90歳。何がめでたい』

『90歳。何がめでたい』、いま売れに売れている佐藤愛子のエッセイ本。累計90万部突破、日本出版調べの2017年上半期ベストセラーで1位だった...

メメント・モリ

メメント・モリ

手にとるたびに響くところが変わる本は、一生手元においておきたい。 私にとって『ルバイヤート』がそうだが、悲しいかな開くのはたいてい虚無にお...

谷崎潤一郎とエロス

谷崎潤一郎とエロス

このごろ「知人」と打とうとすると真っ先に「痴人」と変換されるようになってしまいました。4月の「山口路子のミューズサロン」のテーマが、谷崎潤一...

スポンサーリンク