うっかり人生はすぎさせないために

爽やかに晴れわたった日曜の朝に読む本では、決してないと思うけど、久々に読み返したくなり開いた路子先生の『うっかり人生がすぎてしまいそうなあなたへ』。 
もう何度も読んでいる大切な本。

ukkarijinsei01

久しぶりにページを捲ると、2年前の自分が残した痕跡があった。

ukkarijinsei02

本文に引用されている須賀敦子の『ヴェネツィアの宿』の一節に、改めてハッとする。

「そうだった。私は『うっかり人生がすぎてしまう』のが嫌だったのだ。女として、ただ老化するに身をまかせるのも、緊張感を失った馴れ合いの男女関係も、習慣を言い訳にして一日一日をひたすら消化してゆくような生活も、嫌だった。そこには自分の足で、自分の選んだ道を歩いている実感がない。意識しないところで、時間だけが確実にすぎてゆく。そこでの主人公は、無表情な「時間」であり、自分自身ではない。私はそれが嫌で、立ち止まってみたり、あがいてみたり、しているのかもしれない。」

「うっかり人生がすぎてしまう」のを嫌だとも思わない、気付かない魂だったら、それはそれで平和でしあわせな人生だったかもしれない。 

だけど、どんなに苦しくても、そうでなくてよかった。

**
未来の私へ。
どうか、今の気持ちを忘れないでね。