良いスタート

あっという間にお休みも終わり、明日から本格始動です。

いつになくのんびり過ごした三が日。お友達夫婦とフレンチに行ったり(元日からやっているのすごい)、ピアノコンサートに行ったり、「グランメゾン東京」を一気見したり。

コンサートではガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」が響いた。この曲は好き。華やかで滑稽で、哀愁みたいなものもあって、こんな風に生きたいって思う。それまでうとうとしていた人たちも、「ラプソディ・イン・ブルー」になると目がギンってなってるのも面白かった。何か心を掻き立てるものがあるんだろうな。

(ラプソディって「狂詩曲」って意味なんだね。狂)

そんな中、嬉しいことが二つほど。

ひとつは、着付け時間の更新!お昼からお出かけする予定だった2日、寝坊してしまい着物じゃなくて洋服にしようかなーと思ったのですが……どうしても着物で出かけたくなって、超特急で支度をしたら、これまでの着付け時間自己ベスト更新!やればできるじゃん。

そしてもうひとつは、旦那さんとカラオケへ行ったこと!結婚して5年目になりますが、カラオケに行ったことがなく。お互い誘うこともなく行く機会がなかったのですが、今回私がしつこく誘いました。笑

今年は、ちょっと自分の殻を破ってみたいなと思い……。
それに、はじめてのことがまだあるって嬉しい。

激しく踊っていたら「完全、チンパンジーじゃん!俺、チンパンジーと結婚したんだ」と言われたけれど。それだけ恥ずかしい自分を他人に晒せるというのも稀有なことなのですよ。
……楽しかった。

最近、あいみょんの「どうせ死ぬなら」という曲を100万回リピートしています。

❇︎❇︎
どうせ死ぬなら 派手に粋に
どうせ死ぬなら ダメもとの告白もする
どうせ死ぬなら 死んでしまうなら
裸で町中を走るわ
好きな人の唇奪う
黙ってた秘密も言っちゃうわ
綺麗さっぱりでさよなら

どちらかと言えば死にたくないわ
あらかじめ人生のタイムアップを教えて
・・・

❇︎❇︎

そうそう。
何事も、どうせ死ぬなら、と思ったら気が楽になる。
さすがに町中を裸で走るのは難しいけど……。

行動にブレーキをかけてるのは、たいてい自分だったりする。

「そもそも誰も自分に興味はない、ということを知るべきである。
過剰な自意識は害でしかない。」

とさいきん自分に言い聞かせてる。

ほんとにさようならしたい。

年末年始に飲んだワイン達。