1年後が楽しみ、今年の抱負



ああ、やっぱり好き。Champagne AYALA。
すっかり我が家のハウスシャンパンと化しており、節目のときには必ずアヤラで乾杯する。

家族行事を終え、ゆっくりワインを飲みながら、今年の目標は何にしようかしら、と頭をめぐらす。

昔から、たいそうな目標や計画を立てるのが好きだ。完璧なプランにほれぼれしてそこで満足してしまうことも多く、すべて達成された試しがないが、真新しい手帳の1ページ目に「今年の目標は……」と記す儀式は、心を洗い立ての洗濯物みたいにぱりっとさせてくれる。

昨年は、「種まき」を目標にし、広く浅く新しいことに挑戦した年。 
今年は、蒔いた種の芽が出るまで命を絶やさぬようにしつつ、エネルギーを注ぐ範囲をもう少し絞ろうと思っている。


具体的にいうと、もうどっぷり英語でワインに没頭する1年になりそう。新しい手帳も、ブルーと迷って、あえてワインレッドにした。後からみたときに、この年はワイン漬けの1年だったとわかるように。 
このブログの更新頻度も落ちるかもしれない。でも、文章を書く時間は、仕事もふくめ、絶対量を確保していきたいな。


こんな私ですが、本年もほどほどにつきあって頂けると幸いです。